確認方法は色々あります

多肉植物

近年の自然環境にも配慮した暮らしや、植物の持つ力の再確認といった流れから、自宅でガーデニング等を楽しむという人が増えています。今や色々な植物が育てられていますが、多肉植物という種類が話題を集めているようです。多肉植物は、2万を超える種類があり、どんなインテリアの部屋にも必ず合うような種類が存在します。そんな多肉植物を植える時には、育て方を確認するのが大事になります。多肉植物の育て方は、ホームセンター等のガーデニングコーナーの担当者に確認したり、様々な書籍やサイト等でも確認出来ます。特に最近では、ホームセンターに行く暇が無いという人に向け、インターネットサイトの充実ぶりが目を引きます。単純な育て方だけではなく、こういう場合はこんな多肉植物がおすすめ、という提案型のサイトも多くなりました。

なぜ調べる必要があるのか

多肉植物

そのような多肉植物の育て方を調べる必要があるのか、それには多肉植物ならではの個性が関係してきます。多肉植物は、主にアフリカ大陸等の過酷な環境の中でも育つ植物のため、初心者向けといわれています。ただ、初心者向けといっても何の知識もないまま育てられるほど簡単な物ではありません。初心者向けだからこそ基礎を固めるという意味でも、きちんと対面での質問や文献を調べる等して育て方を確認する事が必要なのです。植物を育てた経験がある人でも、知っているようで知らなかった多肉植物の意外な一面を再確認するためにも、今一度調べる事に意義があります。

これならではの違いはどこか

多肉植物

多肉植物の育て方で独特な点の1つに、種類による生育期が3パターンあるという点です。夏型・冬型・春明型の3つに分かれ、それぞれに育て方の違いがあります。一番乾燥に強く育てやすいとされるのが夏型で、3月から11月が生育期となります。それ以外の時期は休眠期でほとんど水やりを必要としないという点も、初心者向けといわれるゆえんの1つです。ただ、自分の住んでいる地域や室内環境によって細かな違いが出てくるため、育て方の確認が必要になってきます。

葉の状態を見る事が大切です

多肉植物

また、土が乾燥していても水やりのタイミングとは限らないという点も、多肉植物の育て方で他とは違う独特の点といえます。多肉植物の水やりのタイミングは、土ではなく葉の方を確認します。葉に張りが無くなってきた時が水やりのタイミングで、土が乾いているからといって水を挙げると水分過多になってしまう恐れがあります。また、育てる鉢等をきちんと選ぶという点も大事です。先述の通り、水分が過多になってしまわぬように、水はけの良い形状の鉢やプランターを選ぶ必要があります。具体的には、底に穴が開いていてそこから適度に水分が蒸発するような形状になっているものが望ましいでしょう。