HOME>イチオシ情報>施工までをスムーズに行うためにやっておきたい事とは

施行までの時間を無駄にしないようにしよう

庭

自宅の庭をよりガーデニングに向いたものにしたい、和風庭園のような風情がある庭にしたい等のこだわりを持つ人はいませんでしょうか。そのような際には、自分たちだけで理想に近づける事は非常に困難なため、造園業者に施行を依頼する必要があります。業者に依頼する前に、必ずおこなって欲しい施工内容や、大まかな全体像の図等を書き起こしておきましょう。その事をはっきりさせて、造園業者の現地調査等までに伝えて置かないと、施工までに時間がかかってしまいます。どうしてもイメージ出来ないという場合には、見積もりを兼ねた現地調査等の際に、施工例等の資料を持ってきてもらいましょう。また、目に見えるゴミや小石等は出来るだけ清掃しておきましょう。施工前に清掃をしなければならないとなると、時間もかかりますし、場合によっては追加料金がかかってしまう可能性もあります。造園業者がスムーズに施工に入れるよう、自分たちで出来る事をやっておきましょう。

かかる料金等のイメージを知ろう

玉砂利

造園の施工を行うにあたって知りたい事の1つに、施工料金があるかと思います。大まかに分けて、造園の施工は50万円前後で出来るものと、100万円近くかかるタイプに分かれるようです。50万円程度の施工は、主に庭木の剪定や芝生を刈り揃える等、庭の状態を整えるという施工内容が中心になる所が多い傾向にあります。庭の装飾等は自分でDIYで行いたい等という人を中心に、この価格帯の施工は選ばれています。100万円程度の価格帯の施工になると、砂利を引いたり、見た目を良くするような施工も加わってきます。プロの手でオブジェ等を作ってもらいたい、家庭菜園が出来るような庭にして欲しい等、とことんこだわりたいという人たちはこうした価格帯になる事が多いです。そのどちらのタイプの施工が得意なのかという事を、公式サイトの施工例や、口コミ等でしっかり確認しましょう。